子供の幼児言葉は自然に直る

「ゆっくり喋りなさい」「それで、何なの?」などといっても無理なこと。
子供をもっと追い詰めてしまうので注意しましょう。
パパやママがじっくりと話を聞く態度が大切です。
アレルナイトプラスは効かない?アトピー性の痒みを改善できる?

3歳の頃から「おともらち」「いたらきます」のように、「だ」が「ら」になってしまうことが気になって仕方がありませんでした。
男の子なのに、なんだかとっても甘えたような口調に聞こえるのも嫌だったので、なんとか直そうと、ことあるごとに練習させていました。
お風呂に入った時などに、何回も練習させましたがまったく効果なし。
そのうち子供は私の困った顔を面白がり、わざと言う時もあったりしたので、「もういいか、そのうち直るかな」と、無理に練習させるのをやめてしまいました。

それからはあまり気にしないようにしていましたが、保育園に入って年長になるころには、いつの間にかちゃんと発音できるようになっていました。
ちょっと焦りすぎていたのかもしれません。
ワキガの臭い対策商品ランキング