函館本線の魅力

駒ヶ岳の勇姿を見ながら、穏やかな内浦湾(噴火湾)沿いを北上。
蝦夷富士こと美しい円錐形の羊蹄山の西側を回り込み、積丹半島の付け根から石狩湾の海岸線へと躍り出る。
北海道初の鉄道が走った小樽~札幌間、C62型の重連で名を馳せた小樽~長万部間の「山線」など鉄道名所も多い。
ホワイトヴェールの口コミは嘘ばかり?気になるその真相は

北海道の南の玄関口・函館を起点に、かつては「北のウォール街」とうたわれた小樽、そして道都・札幌を経由して北海道第2の都市・旭川に至る全長423・1kmの路線。
駅数は98を数える。

七飯駅から森駅間は路線が8の字を描き、特急列車はSの字をさかのぼるように、渡島大野駅、仁山駅を通らずに大沼駅を通過して大沼公園駅、森駅へと至る。

函館駅から札幌駅へ向かう特急列車は途中の長万部から函館本線を離れ、室蘭本線、千歳線経由。
このため、函館本線を通して走る列車はなく、函館駅~長万部駅、長万部駅~小樽駅、小樽駅~札幌駅、札幌駅~旭川駅と運行形態がブツブツと分断されている。
ビルドマッスルHMBの効果と副作用(口コミあり)