塩尻~豊科の見所

塩尻は中山道と北国脇往還の宿場町として栄えたところで、中山道沿いには洗馬、本山、北国脇往還沿いには郷原といった旧宿場町が残り、江戸の面影を今に伝えている。
テサランは手汗に効果なし?ユーザーの気になる口コミを検証!

塩尻を出た列車は長野自動車道と交差し、長野県第2の都市・松本へ。
松本は鎌倉時代の末期に小笠原氏が入城して以来、城下町として発展を見た町。
中心街には松本のシンボル松本城が構え、桃山時代の貴重な遺構といわれる天守閣は国宝だ。
教育熱心な長野県の土地柄が現れている旧制松本高等学校も見ておきたい。
作家の辻邦生や「どくとるマンボウ青春記」で知られる北杜夫の出身校だ。
また、土蔵を使った博物館やレストラン、そばの名店もあり、楽しい街歩きができる。

松本を後にした列車は奈良井川沿いに北上し、豊科に入る。
ここは、北アルプスを背後にのどかな山村風景が広がる安曇野の中心地。
豊科地区には環境省の名水百選の一つに選ばれた安曇野わさび田湧水群があり、こんこんと湧き出る北アルプスの雪解け水の中で、わさびの緑が一段と輝きを増している。
クリアンテはワキガに効果なし?気になる口コミの真相は…