山陰本線から伯備線の旅へ

出雲市駅を出発してしばらくすると、再び海が見えてくる。
やがて山口県へと入り、幕末の激動を語る城下町・萩の玄関口である東萩を通過して長門市駅へ。
ここから北にある仙崎駅までの区間も山陰本線の一部だ。
ピュアエサラは効かない?口コミは嘘なの?その真相は…

仙崎の対岸には青海島が浮かび、日本海の荒波に侵食された変化に富んだ海岸線が続く。
黄金洞という海岸洞窟や奇岩・怪石を巡る遊覧船も就航している。

長門市駅を出ると列車は再び西進し、阿川駅を過ぎると内陸部に入り、やがて響灘沿いに南下する。
終点の幡生駅は、もうすぐそこに迫っている。

山陽本線の倉敷駅から中国山地を縦断し、日本海側で山陰本線に接続する伯耆大山駅へと至る伯備線。
沿線にはチボリ公園や掘割沿いに白壁土蔵が並ぶ倉敷、田園風景の中に備中国分寺や吉備津神社がたたずむ吉備路などがあり、日野川沿いを下った先からは、伯耆富士こと大山の秀麗な姿が車窓を彩る。
リシリッチ利尻ヘアクリームお試し品の販売店はどこ?